ハート × マーケティング

Kaki企画

ウェブサイトの作り方

無料のウェブサイトやブログサービスは便利だけど注意しておきたいこと

投稿日:

無料のウェブサイト・ブログ制作サービスやSNSが普及して、情報発信はやりやすくなりました。でも、無料サービスの中には知っておかないといけないルールがあります。

知った上で利用するのと、知らないで利用するのには大きな差があります。「そんなはずじゃなかった!」という前に、無料サービスの要点を知っておきましょう。

 

無料サービスの仕組み

まず、無料サービスでサイトやブログを作る場合、サービス提供会社が有益になるように作られています。たとえば、ブログサイトには広告が入っていたり、ある一線を超えると有料になったりと様々です。

なので、サービス提供会社は、ユーザーには「無料」でサービスを提供することができています。

 

無料サービスのメリットとデミリット

無料サービスでサイトを持つことでの、メリットとデミリットをみていきましょう。

メリット

・無料で作成できる

・セットアップは早く簡単

・サービス内での「コミュニティ」がある

デミリット

・検索にはかかりにくい

・ページのレイアウトの自由度が低く制限がある

・独自ドメインを使用する場合は、追加料金がかかる

・ある日突然サービスがなくなることもある

・商用利用できないサービスもある

 

無料サービスの注意点

無料でサービスを提供してもらっているという立場になるので、注意しておいたほうがいいポイントがいくつかあります。知らなかった場合は、サイトやブログが消されることも

有名どころのアメーバさんの規約を参考に見ていきましょう。

ブログを消され衝撃を受ける

アメブロは商用禁止

アメブロは原則、商用禁止です。といっても、多くの方は商用利用されているのは現状です。でも、本当に消されてしまったという例は、何人かから直接聞いています。どうやら、アメーバの気分次第といったところのようです。

当社は、会員サービス上のあらゆる情報を、運営上の必要な範囲内において閲覧することができるものとし、当該情報が本利用規約に抵触すると判断した場合には、会員への事前通知なく、当該情報の全部又は一部を非公開とし又は削除することができるものとします。

http://helps.ameba.jp/rules/post_104.html

 

サービスが廃止されることもある

人が経営しているものですから、当然のごとく失敗もあるでしょう。その際に、採算が合わなくなるサービスは、たいてい廃止されます。起こっては欲しくないですが、サービス廃止も可能性としてあることは念頭においておきましょう。

当社は、理由の如何を問わず、会員に事前の通知・催告をすることなく、本サービスに関して、内容の全部又は一部の変更、提供頻度の変更、休止、廃止をすることができるものとします。ただし、会員サービスの全てを廃止する場合には、当社が適当と判断する方法で、会員に対し、事前にその旨を通知又は会員専用ページ上で告知するものとします。

http://helps.ameba.jp/rules/post_104.html

広告を外すだけでも年間12000円

自分でウェブサイト・ブログを制作するとなると、最低維持費はドメイン・レンタルサーバー費用を入れてもだいたい年間5000円ほどですみます。(自分で維持管理する場合)

 

アメブロで、広告を外すというサービスがあるのですが、その値段はなんと年間12000円にも。無料サービスの良さが、ほとんどなくなります。(広告を外すだけなので、付加サービス利用時でも規約違反の場合は潔く消されます)

このような付加サービスを契約するくらいなら、ウェブサイトを作成したほうがいいと思っています。

 

 無料サービスとはうまく付きあおう

注意点を踏まえておけば、いざというときに不満に思ったり慌てることはなくなります

ブログも消されて当然という前提でしておけば、どこかにバックアップをとっておくこともできるでしょう。

いわゆるリスクヘッジです。

 

無料サービスは無料サービスでいいことはたくさんあります。

できることもたくさんあります。

無料サービスと独自サイトをクロスさせて使うことだってできます。

注意点を知って、無料サービスをうまく活用してください^^

 

-ウェブサイトの作り方
-, ,

Copyright© Kaki企画 , 2020 All Rights Reserved.